朋友ご利用料金メイン画像

HOME>グループホーム朋友>グループホーム朋友ご利用料金
無料見学、入居相談会開催中

経費老人ホーム

  • 経費老人ホームとは
  • 陸荘の特徴
  • 施設紹介
  • イベント・行事
  • ご利用料金
  • いきいき生活アルバム
  • 交通案内

グループホーム朋友

  • 経費老人ホームとは
  • 陸荘の特徴
  • 施設紹介
  • ご利用料金
  • いきいき生活アルバム
  • 交通案内

ご入居までの流れ
提携医療機関
よくある質問

グループホーム朋友は介護保険をご利用いただけます


グループホーム朋友は要介護度に合わせた介護保険をご利用いただけます。
なお、グループホーム朋友では生活保護受給者の方も受け入れが可能な施設となっております。お気軽にご相談ください。

おばあちゃん

グループホーム朋友は横浜市助成制度対象


横浜市では、グループホーム利用者負担助成(以下「グループホーム助成」)制度を独自に実施しております。
平成24年10月から助成内容を拡充し、「家賃・食費・光熱水費の利用者負担分の一部」を新たに助成対象となりました。
グループホーム朋友ではこちらの助成制度の対象施設です。こちらの助成制度の概要等については、次のとおりです。

グループホーム朋友は介護保険をご利用いただけます

グループホームの料金

下記料金は平成27年4月1日現在のものです。

要介護度 約30日の利用料金
要支援2 約139,580円
要介護1 約141,190円
要介護2 約143,240円
要介護3 約143,240円
要介護4 約143,800円
要介護5 約144,360円
料金表
上記ご利用金額は、下記計算により算出しております

43,500円

25,000円

12,000円

33,000円

介護保険自己負担額


介護保険自己負担額は、ご利用者様の要介護度により異なります。
要介護度ごとの単位数に、「地域」および「サービスの種類」によって異なる「介護報酬の1単位あたりの単価」
を掛け合わせた額の1割がご利用者様の負担額となります。

背景
当核サービスにおける横浜市(2級地)の介護報酬1単位あたりの単価
1072円

背景

  • 要介護度の
    利用単位
  • 医療連携加算
    39単位
  • 認知症
    専門加算1
    3単位
  • サービス提供
    加算3
    6単位
  • プラス
  • プラス
  • プラス
  • 医療連携加算39単位
  • 介護報酬1単位あたりの単価10.72円
  • 1割(10%)
  • ×
  • ×
  • ×
※各月を算出する場合は、各項目に日数を掛けた単位を計算してください。

→

背景

利用単位表

要介護度 利用単位数 約30日の利用料金 (ご利用単位数×30)
要支援2 743単位 22,290単位
要介護1 747単位 22,410単位
要介護2 782単位 23,460単位
要介護3 806単位 24,180単位
要介護4 822単位 24,660単位
要介護5 838単位 25,140単位
要介護のご利用料金算出方法

43,500円
25,000円
12,000円
33,000円

背景

介護保険自己負担額

要介護度の利用単位
827単位×30日=24810単位

プラス

医療連携加算
39単位×30日=1170単位

プラス

認知症専門加算I
3単位×30日=90単位

プラス

サービス提供加算Ⅲ
6単位×30日=180単位

×

介護職員処遇改善費  所定単位×83/1,000単位

×

介護報酬1単位あたりの単価10.72円

×

1割(10%)

背景

アイコン
ご利用額
約143,240円

その他かかる費用

ご利用者様が選定する特別なサービスの提供を受けたことに伴い必要となる費用